古川侑利投手の活躍がとまりません!

現在イースタンリーグトップの防御率を守り続けています。

先日の記事でも1軍昇格は近いとお伝えしました。

しかし、いまだに出場選手登録にはいたっていません。

今回はその原因と古川投手の昇格がいつになりそうかを考えてみました。

スポンサーリンク

文句のつけようのない成績

まずは古川投手の今シーズン(2018)の成績をふり返ります。

日付投球回投球数被安打被本塁打奪三振与四死球失点自責点
4月3日6110709111
4月10日7113308210
4月17日691207000
4月24日7112219211
5月2日7103903011
5月15日6113406100

どうでしょうか・・・圧巻ですよね。

先発したすべての試合で6回以上投げて1失点以内に抑えています。

しかも与四死球の数も2個以下と少ないです。

すばらしい安定感ですね!

また、奪三振率9.69と三振も多めです(9イニング投げて平均9.69個の三振をとる計算)。

文句のつけようのない成績です。

リーグ全体で見てもトップ

さらに、ここまでのイースタンリーグの防御率トップ4を紹介します。

選手名防御率試合数勝敗投球回奪三振与四球
古川(楽天)0.6963勝1敗39回426
相内(西武)1.5763勝1敗34回1/32719
ヤングマン(巨人)1.6274勝2敗44回1/33313
塩見(楽天)1.7461勝1敗31回275

古川投手がただ一人防御率0点台とダントツのトップです。

中継ぎ投手ならまだわかりますが、先発投手で防御率0.69は異常ですよね。

加えて、奪三振も42個でトップに立っています。

奪三振率は9.69とこちらもトップです。

リーグ全体でみてもナンバー1の先発投手と言っても良い成績です。

スポンサーリンク

1軍に上がらないのはなぜ?

こんなに良い成績を上げているのに、古川投手はなぜ1軍に呼ばれないのでしょうか。

美馬投手が不調により4月24日に2軍落ちしたときは、次は古川投手が呼ばれるものと思っていました。

しかし、昇格したのは塩見投手でした。

このとき上がらなかったのは2つの理由があると思います。

1つ目は、塩見投手の実績です。

塩見投手は実績のある投手で、ファームでも防御率1点台の好成績を残していました。

それでも2軍成績は古川投手の方が上ですが、実績から判断されて塩見投手が上がったと思われます。

2つ目は日程の問題です。

これまで、古川投手は主に火曜日に登板しています。

美馬投手が登板していたのは土曜日だったので、古川投手が上がるとすると中3日になってしまいます。

対して、塩見投手は主に日曜日に登板しており、土曜日の登板だとしても中5日でいけます。

そのため、日程の面からみても塩見投手の昇格が妥当だったと思います。

昇格はいつ?

14日、藤平投手が登録抹消されました。

ついに古川投手が上がるか、と思いきや、昨日(15日)2軍で先発しました。

藤平投手は日曜日の登板だったため、20日の先発を誰にするかが問題です。

古川投手が投げるとすると中4日になってしまいます。

しかも昨日の試合で113球投げているので、今回も昇格はなさそうです。

そうなるとまた塩見投手が昇格して先発する可能性が高いと思います。

不調でファーム調整していた美馬投手も、今日(16日)の予告先発になっているので、先発の頭数はそろっていることになります。

なので昇格はしばらくないかもしれません。

まあチームが勝ってくれればいいのですが、それにしてもいい選手を1軍で使わないのはもったいないと思います。

どこかタイミングが合えばいいんですけどね。

夏場になって投手がばててくるころに出番が回ってくるかもしれません。

古川投手にはそれまで辛抱強く結果を出し続けてほしいですね!

追記:5月22日も快投

5月22日、またまた快投を見せてくれました。

5回3安打無失点11奪三振の圧巻のピッチングでした!

5回で11奪三振はもう“キング”ですね!

ただ気になるのは、球数88球で降板したことです。

いつもだいだい100球は超えていたので、不可解ですね。

もしかすると、日曜日あたり1軍で初先発があるかもしれません。

そのための温存だったら、納得いきますね。

ついに古川投手のピッチングが1軍で見られるか、注目です!

ついに1軍昇格!29日に先発!

ついにそのときがやってきました!

古川投手が29日のDeNA戦の予告先発になっています。

交流戦の開幕投手ということで、大事な初戦になってくると思うので、流れをつかむにはうってつけの選手だと思います。

ここで快投を披露して、他球団のファンに衝撃を与えてほしいですね!

スポンサーリンク

古川侑利がプロ初勝利!